+


Karyo, the School of Hopes and Dreams! The School for Global Citizens!


Karyo Global View 華陵高を紹介する「華陵グローバル・ビュ-」

このコーナーでは、学校の様子を日本文(英文)の説明と写真で紹介します。
This page features the school life of Karyo SHS. It includes photos and passages in both Japanese and English.

H30 年度行事の様子 School Life in 2018

【3月19日(火)】

表彰式、校納式、全国高等学校選抜大会壮行式

本日、全国高等学校選抜大会に出場するハンドボール部とアーチェリー部の藤田寿里さんの壮行式が行われました。ハンドボール部は3月24日から29日まで千葉県市川市で、アーチェリーは3月25日から28日まで静岡県掛川市で開催されます。

The pep rally was held for our handball club and a member of our archery club, Juri Fujita, to attend the national tournament in March.  Games are going to be held in Ichikawa, Chiba and Kakegawa, in Shizuoka.   
   

 

壮行式に前に大会等で優秀な成績を収めた生徒の表彰式、校納式が行われました。

中国高等学校ハンドボール選抜大会中国地区予選会 女子の部 第1位

善行者表彰(人命救助)県教育長表彰 伊藤千宥

校内ロードレース大会表彰  男子 秋友勇樹君 他4名 女子 川﨑真優さん 他9名

実用英語技能検定試験 準1級取得者  英検2級取得者

漢字検定試験 2級取得者

模擬試験成績優秀者 

   
   

【3月19日(火)】 

防災避難訓練

本日、地震を想定した避難訓練が実施されました。訓練の後、JRC委員長と副委員長による防災クイズが実施され、東日本大震災の際に発生した津波の高さが何階建てのビルに相当するかなど、防災に関する知識をクイズ形式により深めました。  

Emergency evacuation drill was held for fear of a big earthquake.  After the drill the chairman of our JRC committee gave the students some quiz about what to do in case of an earthquake.

   


【3月16日(土)】
校内リーダーシップ・トレーニング・センター

県内で唯一、全校生徒が青少年赤十字(JRC)に加盟する本校では、JRCの態度目標「気づき、考え、実行する」人材育成をめざし校内研修を行っています。今年は、高齢者の疑似体験と被災した時に役立つ、段ボールの活用法、炊き出し体験を行いました。段ボールを活用した簡易のベッドや椅子、間仕切りは、被災地福島の高校生から学んだものでした。

     


3月10日(日)
第1回探究学習成果発表大会

本校は、やまぐち次世代型教育推進のパイオニア校に指定されています。研究指定を受けた県内7校による第1回探求学習成果発表大会が山口市で開催されました。本校はポスター発表に参加し、代表生徒4名が他校の生徒の前で発表しました。

   
   

 


【3月1日(金)】
第30回卒業証書授与式

本日、下松市長を始め、多くの来賓、保護者の御臨席の下、第30回卒業証書授与式が挙行されました。114名の生徒が学び舎を去って行きました。
Today the 30th graduation ceremony was held in the presence of mayor of Kudamatsu, the guests, and the parents.  114 students graduated from Karyo.

       
       

 


【2月28日(木)】
同窓会入会式・表彰式

本日、同窓会入会式が行われました。同窓会長の西田氏が3年生に歓迎の挨拶をされました。式の後、皆勤賞などの各種の賞の表彰が行われました。
The alumni induction ceremony was held today.  Mr. Nishida, president of Karyo Almuni, made a welcome speech for the third year students.  After the ceremony, various awards such as a prize for perfect attendance were given to the students.
 

   
   


【2月13日(水)】
下松市スポーツ賞表彰式

第73回国民体育大会福井しあわせ元気国体2018において、山口県の少年女子ハンドボールチームが第3位に輝きました。これをうけて本校の生徒6名が下松市スポーツ賞を受賞しました。本日、表彰式が「ほしらんど くだまつ」サルビアホールで行われました。

 

 
【2月11日(月)】
英語科の生徒がペリースクールを訪問

英語科の生徒が、岩国基地内にあるペリースクールを訪問しました。アメリカ人の生徒と一緒に日本語の授業を受け、基地内のフードコートで昼食をとりました。アメリカの生徒が日本語を学ぶのを助けたり、アメリカの生徒に英語を学ぶのを助けてもらったりして、楽しく過ごしました。華陵とペリースクールはこれからも友情を育んでいきます。
Some of our English course students attended the classes at Perry School in Iwakuni Base.  They joined two Japanese classes with American students and ate lunch with them at the food court in the base.  They had a very good time by helping American students learn Japanese and learning English with American students’ assistance.  Karyo and Perry school will foster good friendship from now on.

 

 
   


【2月10日(日)】
ハンドボール部が全国選抜大会中国地区予選で優勝

ハンドボール部が全国選抜大会中国地区予選で優勝しました。準決勝で広島の山陽高校を33対11で破り、決勝で高水高校を25対13で破りました。ハンドボール部は、3月に開催される全国選抜大会の出場権を獲得しました。
Our handball club won the championship in the Chugoku District High School Tournament.  They beat Sanyo High School, Hiroshima, at the semi-final game by 33 to 11.  Then, they beat Takamizu High School at the final game by 25 to 13.  They are qualified to attend the National Tournament in March.

 
     


【2月8日(金)】
ディベートの特別講義

英語科の生徒達は、ディベートの特別講義を受けました。授業の最初に、2年生の代表が1年生の前で、ディベートを披露しました。テーマは、「レストランやホテルでは、禁煙にすべきだ」でした。その後、生徒達は、福岡工業大学准教授の中野美香先生による講義を受けました。先生は、生徒の実演に触れながら、強いディベートとはどのようなものか教えてくださり、自分達の意見をいかに説得力のあるものにするか説明してくださいました。
The students in the English course took a special lesson of debating.  At the beginning of the lesson, representatives of the second year students demonstrated a debate in front of the first year students.  The theme was “Smoking should be banned in restaurants and hotels.”  Then, students listened to the lecture given by Ms. Mika Nakano, associate professor of Fukuoka Institute of Technology.  Mentioning the students’ demonstration, she taught the students what the strong debate was like.  She explained to them how to make their opinions persuasive.

 
 

 
【2月6日(水)】
ロードレース大会

本日、ロードレースが開催されました。朝のうち雨が降っていたので、開催が危ぶまれましたが、幸運な事に、出発の直前で雨が止みました。かえって生徒はかなり良いコンディションの中で走ることができました。本来なら、米泉湖の周りを走るのですが、昨年の大雨のために、道路の一部が崩れていたため、普段よりも短いコースを走ることになりました。
Students took part in the road race today.  It was raining in the morning and it didn’t seem to carry out the road race, but fortunately it stopped raining just before they started.  Strangely enough, they were able to run in the pretty good condition.  Students were supposed to run around Beisenko, but some parts of the road around Beisenko were damaged because of the heavy rain last year.  They were obliged to run shorter than the original course.

   
 

 
【1月24日(木)、26日(土)、28日(月)】
リトルティーチャー

英語科の生徒が小学校を数校訪問し、子どもたちに英語を教えました。生徒達は、一生懸命に英語を教え、子どもたちは、「リトルティーチャー」から楽しく学んでいました。
English course students went to several elementary schools to teach English to the children.  They tried hard to teach English and the children enjoyed learning from the Little Teachers.

   
   

 

 

【1月22日(火)】
韓国梁山高校が来校

韓国の梁山高校から30名の生徒が華陵にやってきました。彼らは、日本での研修旅行を利用して、毎年のように華陵を訪問してくれます。今年で3年目になります。華陵への訪問は、彼らが日本に滞在している間のメインイベントになっています。本日、彼らは英語の授業2つと体育の授業に参加し、華陵の生徒たちと友情を培いました。
30 students from Yangsan High School in Korea came to visit Karyo.  They annually visit us during their school excursion to Japan.  This is the third year after they first visited us.  Their school visit to Karyo is one of the main events of their stay in Japan.  Today they attended two English classes and one PE class at Karyo.  They fostered a good friendship with Karyo students.


 
     
     



【1月15日(火)】
山口県立大生による模擬授業及び交流会

山口立大学は、華陵高校の提携大学で、英語教育において連携教育をしています。毎年、本校の英語科の先生方が大学で高校の英語の授業について講義し、県立大の学生は、華陵で実習体験する機会を得ています。本日は、県立大から4名の学生が訪れ、授業を実施しました。 

Yamaguchi Prefectural University is Karyo’s partner university and we are collaborating in English education.  Every year English teachers of Karyo give lectures at the university on how to teach English at high school and the university students have a chance to demonstrate their teaching at Karyo.  Today four students from the university came to demonstrate their teaching.

 


【1月8日(火)】
第3学期始業式

第3学期の始業式が行われました。また、年末に開催された全国選抜大会山口県予選会で優勝したハンドボール部の校納式が行われました。 

The opening ceremony of the third semester was held today.  Since our handball team had won the championship in the preliminary tournament for the National High School tournament, they were applauded in front of the whole students.


   
   



【12月28日(金)】
全国選抜大会山口県予選会優勝

ハンドボール部が、12月26日から12月28日にキリンビバレッジ体育館で開催された全国選抜大会山口県予選会で優勝しました。決勝では25対12で高水高校を打ち破りました。彼女たちは、2月に開かれる中国大会に出場します。

Our handball team won the championship in the preliminary tournament for the National High School tournament, which was held at Kirin Beverage Gymnasium from December 26 to December 28.   Karyo defeated Takamizu High School at the final game by the score 25 to 12.  They are going to attend the Chugoku District Tournament in February.

 

   


【12月21日(金)】
防災訓練・校納式・賞状披露・終業式
  

防災訓練(JRCの発表)

本日、地震を想定した防災訓練が実施されました。避難訓練の後、山口県代表として、福島県被災地視察及び高校JRC交流研修に参加した岡村泉珠さんが、JRC委員長の馬場さん、副委員長の山本君とともに研修内容の報告をしてくれました。

 

校納式・賞状披露

終業式の前に、校納式・賞状披露を行いました。以下のように非常にたくさんの生徒が表彰されました。 

山口県総合文化祭山口県歌人協会短歌大会
  教育長賞 白井亜香里
山口県体育大会バドミントン競技学校対抗 第3位
  瀬戸香織 藤井沙依 藤井天音
  中村若菜 久野美空 松浦凜香
山口学芸大学英語スピーチコンテスト 第3位 松河梨菜

山口県体育大会ハンドボール競技高校の部 第1位

中国高等学校英語スピーチコンテスト 第3位 奥スラビック

山口県高校体育大会アーチェリー競技
  個人第1位 藤田寿里  第3位 井上亜美

      女子団体 第1位  藤田寿里 谷侑里香 三戸寿奈

      男子団体 第3位  松本優飛 秋友勇樹 中原武史         

山口県総合文化祭高等学校放送部コンテスト(朗読部門)
  入選 桑嶋里空        

西日本読書感想画山口県コンクール  優良賞 原田 栞

山口県読書感想文コンクール 優良賞  松村樹璃  福井万尋
 

   
   

 
【12月6日(木)】
1年生校外学習

本日、1年生が山口大学に校外学習に出かけました。大学のキャンパスを散策し、大学職員から各学部の説明を受けました。その後、他の大学等の情報を得るために、進路ガイダンスの集会に参加しました。
The 1st year students went to Yamaguchi University today.  They walked around the campus and listened to the explanation of each department from the faculty staff.  After that, they joined the guidance meeting to get information about other universities and colleges.

       
       

 
【12月5日(水)】
コモンホールのカーペットを新調

生徒昇降口前のコモンホールが新しくなりました。事務長や校務技師の先生方にカーペットの張り替えを行ってもらいました。華陵高校がさらにきれいになりました。

    



【12月4日(火)】
2年生が修学旅行(台湾)へ出発

2年生が修学旅行に出発しました。台湾の台北市で3泊4日の日程です。現在、台湾の気温は30度。信じられないくらい温かい(暑い?)です。日本に帰って来たら、冷さに驚くことでしょう。
The 2nd year students left for Taiwan as a school excursion.  They will spend 4days and 3 nights in Taipei, Taiwan.  The temperature in Taipei is about 30 degrees Celsius now.  It is incredibly warm (or hot?).  They will be surprised at the cold temperature when they come back home.

 

   


【11月26日(月)】
フード・マイスター来校

湯田温泉にある松田屋の料理長梶本氏とかめ福の料理長松浦氏が来校され、生徒達に太巻き寿司とハマグリの吸い物の作り方を教えていただきました。お二人は、フードマイスターで、日本料理の普及のために活動されています。

Mr. Kajimoto, head chef of Matsudaya in Yuda, and Mr.Matsuura, head chef of Kamefuku Hotel, came to teach Karyo students how to make Futomaki, thick roll of makizushi, and clam soup.  They are master cooks and work for spreading authentic Japanese cooking.
 

   


【11月23日(金)】
英語科説明会(第2回)を実施

第2回の英語科の説明会を実施しました。参加した中学生達は、英語の模擬授業を受けたり、華陵高校で行われているディベートの様子など、英語科の授業の様子を動画で見たり、在校生から直接学校生活について質問したりしていました

 

 
【11月21日(水)】
JICA(国際協力機構)活動報告

卒業生の篠原 優さんに、JICA(国際協力機構)の職員としてアフリカのガーナでの2年間の経験を生徒達に話していただきました。ガーナに行った理由やそこでの活動内容についてお話いただきました。篠原さんのお話は、生徒達の世界観を広げ、学習意欲の向上につながりました。

Ms. Yu Shinohara talked to the students about her two year experience in Ghana as a staff of JICA (Japan International Cooperation Agency).  She explained why she went there and what she did there.  Her talk broadened their view of the world and triggered their motivation to study.

   


【11月18日(日)】
花岡公民館祭、下松農業公園祭に参加

花岡公民館祭が11月18日に開催されました。華陵高校生は、祭に参加したり、ボランティアスタッフとして祭に協力しました。進行役として活躍したり、アシスタントをしたり、歌や演奏を披露したり、小学生と一緒に踊ったりしました。また、祭の後は、テントや椅子、テーブル等の後片付けを手伝いました。

下松の来巻地区で農業祭が開かれ、本校の生活研究部がその祭に参加しました。華陵高生は、地域貢献に積極的に活動しています。

Hanaoka Community Center Festival was held on November 18.  Karyo students joined and supported the festival as volunteer staff.  Some worked as facilitators.  Some worked as assistants.  Some sang, played and danced with elementary students.  Others helped to put away tents, chairs, tables, and so on after the festival. 

Agriculture Fare was held in Kurumaki, Kudamatsu.  Our home economy club participated in the fare. Karyo students actively worked for the regional contribution.

   
   
   

 
【11月17日(土)・18日(日)】
祝!中国大会出場(テニス部男女)、県体育大会団体ベスト4(バドミントン)山口学芸大学英語スピーチコンテスト3位

谷口俊太郎君と森下明香里さんが、11月17日、18日に広島県で尾道市開催された中国高等学校テニス大会に出場しました。
バドミントン部は、山口市で開催された県体育大会で団体ベスト4となりました。また、ダブルスでは、瀬戸香織、藤井天音組がベスト8になりました。
松河梨菜さんが、山口学芸大学主催の英語スピーチコンテストに出場し、第3位となりました。

Shuntaro Taniguchi and Akari Morishita took part in the Chugoku District High School Tennis Tournament held in Onomichi, Hiroshima on November 17 and 18.

Our badminton club ranked in the fourth place in the prefectural high school tournament held in Yamaguchi on November 17 and 18.  The team of Kaori Seto and Amane Fujii was selected as the best 8 team in the doubles matches.

Rina Matsukawa attended the High School English Contest held by Yamaguchi Gakugei University and won the third prize.


   

 
【11月13日(火)】
祝!ハンドボール部が県新人大会で優勝!

ハンドボール部が11月10日~12日に下関で開催された県新人大会で優勝しました。準決勝は、岩国商業高校を31対19で勝利し、決勝戦は、高水高校に25対16のスコアで勝利しました。

Our handball team won the championship in the prefectural tournament held in Shimonoseki from November 10th to 12th.  We won the semi-final game against Iwakuni Commercial High School by the score of 31 to 19. At the final game, we beat Takamizu high school by the score of 25 to 16.

   

 
【11月12日(月)】
「魚のさばき方教室」を開催

本日、家庭科の授業で、生徒達は、魚の三枚おろしを学びました。下松市農林水産部と栽培漁業センター、保健センターのお陰で、鰺や鯛といった新鮮な魚が家庭科(調理)の授業の食材として提供されました。20名の食生活改善推進委員の方々が来校され、生徒達が魚をおろすのを手伝ってくださいました。ほとんどの生徒にとって、魚を三枚におろすのは初めてだったので、こうした経験は、本当に新鮮で、わくわくするものとなりました。このイベントは、コミュニティ・スクールの活動の一環として行われました。

Today students in the cooking class learned how to fillet a fish.  On behalf of Kudamatsu board of agriculture, forestry, and fisheries, Kudamatsu aquaculture center, and Kudamatsu health center, fresh fish such as horse mackerel and octopus were given to the students as the ingredients for their cooking.  20 voluntary members promoting for improvement of dietary life came to help students to fillet fish.  It was the first time for most of the students to fillet fish, so this experience was really new and exciting for them.  This event was produced as one of the activities under the name of the community school.


   
   

 
【11月12日(月)】 
祝!全国大会(アーチェリー部)出場・中国大会出場(文芸放送部)、中国地区高等学校英語スピーチコンテスト第3位!

 

土曜日、日曜日に、いくつかの大会が行われました。藤田寿里さんは、県の高校アーチェリー大会で個人第1位となり、来年の3月に静岡県で開催される全国高等学校選抜大会に山口県代表として出場することになりました。団体戦では、女子が団体優勝、男子が第3位となりました。

桑嶋里空君は、県の放送コンテストに入選となり、島根県で開催される中国大会に出場することが決定しました。

奥スラビック君は、鳥取県で開催された中国地区高等学校英語スピーチコンテストに出場し、見事第3位を獲得しました。

Several competitions and matches were held last Saturday and Sunday.  Juri Fujita won the first prize in the prefectural high school archery tournament and was chosen to attend the national tournament held in Shizuoka next March as a representative of Yamaguchi prefecture.  As the team competition, our girls’ team won the championship and boys’ team won the third prize.

Riku Kuwashima won a prize in the prefectural high school broadcasting contest and was selected to attend the Chugoku district contest held in Shimane.

Slavic Oku attended the Chugoku District High School English Speech Contest held in Tottori and won the third prize.


【11月7日(水)】

賞状披露、校納式、壮行式、留学生お別れ式

 

先の大会で受賞していた生徒達が、全校生徒の前で表彰されました。ハンドボール部は、徳山地区新人大会で優勝。華道部は、広島で開かれた「花の甲子園」で敢闘賞を受賞。椎木若菜さんは、山口県高等学校読書感想文コンテストで入選。韓国からの留学生ジェオン君は、徳山大学で行われた日本語スピーチコンテストで受賞し、奥スラビック君は、山口県高等学校英語スピーチコンテストで優勝しました。

テニス部の2選手と奥君が、山口県代表として中国大会に出場するので、彼らのために壮行式が開かれました。テニス部の森下さんと谷口君、奥君は来る大会に向けての決意を表明しました。

壮行式の後、留学生のジェオン君がお別れのスピーチを行いました。彼は、この金曜日に韓国に帰ることになっています。ジェオン君は、華陵の生徒や先生方に対する感謝の気持ちを流ちょうな日本語で表現しました。

Students who had received certificates of the previous contests or tournaments were applauded in front of the whole students.  Our handball team had won the championship in the Tokuyama regional tournament.  Flower arrangement club participated in `Hana no Koshien’ held in Hiroshima and won the fighting-spirit award.  Wakana Shiigi was selected as a winner of Yamaguchi Prefecture High School Book Report Contest.  Jeon, our exchange student from Korea, won the prize in the Japanese speech contest held in Tokuyama University.  Oku Slavic won the first prize in Yamaguchi Prefecture High School English Speech Contest.

Since two students from our tennis club and Oku are going to attend the Chugoku district tournament or contest as representatives of Yamaguchi prefecture, we had a pep rally for them.  Tennis players, Morishita and Taniguchi, and Oku expressed their determination toward the coming tournament or the contest.

After the ceremony, Jeon made a farewell speech to the students.  He is going back to Korea this Friday. Jeon expressed his gratitude toward Karyo students and teachers in fluent Japanese.


     


【11月3日(土)】

稲穂祭(きつねの嫁入り)に参加

 

きつねの嫁入りとして知られる稲穂祭が、11月3日土曜日に下松の花岡地区で開催されました。41名の華陵高校の生徒と6名の先生方がお祭りに参加しました。生徒達は法被を着て、自作の神輿を肩に担いだり、着物を着て踊ったり、腰元の格好で行進したりしました。このお祭りは大変人気があり、多くの人が見に来られました。祭の後、生徒達は、メインの道路となったところのゴミ拾いを行いました。

Inaho festival known as a “Fox Wedding” was held in Hanaoka, Kudamatsu, on Sutarday, November 3rd.  41 Karyo students and 6 teachers joined the festival.  Some students wore happi coat and carried their own mikoshi, a portable shrine, on their shoulders.  Some danced in kimono, and others walked in lady’s maid costume.  The festival was very popular and a lot of people came to see the festival.  After the festival, the students voluntarily picked up the trash to clean the main street.


       
       
       
 

【10月30日(火)】

第12回中国高等学校新人テニス大会に2名出場決定

本校テニス部の2名、谷口俊太郎君と森下明香里さんが山口県代表として、11月17日に広島県の尾道市で開催される中国高等学校新人テニス大会に出場することになりました。
Two of our tennis club members, Shuntaro Taniguchi and Akari Morishita, were chosen to attend the Chugoku District High School Tennis tournament held in Onomichi, Hiroshima on November 17.

【10月28日(日)】

山口県高等学校英語スピーチコンテスト優勝中国大会出場決定

 

英語科2年の奥スラビック君が、第38回山口県高等学校英語スピーチコンテストで優勝しました。奥君は、11月10日に鳥取市で開かれる中国地区大会に山口県代表として出場します。

Oku Slavic, the second year English course student, won the first prize in the 38th Yamaguchi Prefecture Senior High School English Speech Contest.  He is going to attend the Chugoku District High School English Speech Contest held on November 10 in Tottori as a representative of Yamaguchi prefecture.


【10月22日(月)】
第2回学校運営協議会

華陵高校は、この4月からコミュニティースクールになっています。第2回の学校運営協議会が今日開かれました。始めに白井校長が、運営協議会の委員にこれまでの華陵の取組を説明しました。その後、運営協議会の委員と生徒会の新役員が学校生活の活性化に向けて、華陵高校の良い点や課題などについての熟議を行いました。

Karyo has become a community school since this April.  The second committee meeting was held today.  At the beginning of the meeting Principal Shirai explained to the committee members the activities Karyo High School was involved in so far this year.  After that, the committee members and the new staff of the student council deliberated over the issues about Karyo in order to activate the school life.

       


【10月19日(金)】

次世代型教育研究授業・研究協議

 

華陵は、山口県の研究指定校として次世代型教育の推進に取り組んでいます。現在、華陵の全ての教職員は、新学習指導要領に謳われている「主体的、対話的で深い学び」に向けての授業実践に取り組んでいます。本日、英語、数学、社会の教科の先生方が、他校の先生方のために次世代型教育の授業を披露しました。33名の先生方が来校され、授業を参観され、より良い指導法について協議しました。

Karyo is working on how to promote the next generation type of education as a pilot school in Yamaguchi prefecture.  Now all the teachers in Karyo are struggling to practice teaching toward ‘active’, ‘cooperative’, and ‘deep’ learning advocated in the new educational guidelines.  Today the teachers of English, Math, and Social studies demonstrated their classes for the teachers from other high schools. 33 teachers came to Karyo to attend the classes and join the discussion for the better ways of teaching.

 
       

【10月19日(金)】

ペリースクール来校

 

岩国基地内のペリースクールの生徒18名と教師2名が、本日来校しました。ペリースクールの生徒達は、毎年華陵を訪問してくれ、私たちは友情を培っています。15才から18才の生徒達が、華陵で英語科の生徒達と一緒に英語の授業を受け,昼食も一緒にとりました。

18 American students and two teachers of Perry School in Marine Corps Air Station in Iwakuni visited Karyo today.  They annually visit us and we foster friendship.  American students from age 15 to age 18 took English lessons with English course students and had lunch together in Karyo. 

 

     
     

【10月16日(火)】
新生徒会・JRC役員認証式


新生徒会とJRC(青少年赤十字)の役員のための認証式が行われました。岡村さんが生徒会の会長に任命されました。彼女は、新しい生徒会のメンバーを率い、学校行事をより楽しいものにしてくれるでしょう。

The investiture ceremony was held for the new members of the student council and chairpersons of our JRC committee.  Ms. Okamura was appointed as president of the student council.  She will lead new council members and make school activities more enjoyable. 


     

【10月4日(木)】
1,2年生進路ガイダンス


多くの大学から講師の先生方をお迎えしました。1,2年生の生徒は、大学講師の先生方の模擬授業を選択して受けました。生徒達が将来の職業選択をする上での参考になりました。 

Karyo welcomed guest teachers from various universities.  Each of the first year and the second year students chose to take trial lessons given by them.  The lessons helped the students to decide their future careers.  

     
     


【9月21日(金)】
下松市内3校合同演劇鑑賞会

本日、1年生と2年生はスターピア下松でプロの俳優による演劇を鑑賞しました。東京演劇集団 風がヘレンケラーを上演しました。下松市内の3校が協力して、この演劇を企画しました。上演後、生徒達は、舞台に立って見たり、主演の女優さんと話す機会をもったり、楽しいひとときを過ごしました。
Today the first year and the second year students enjoyed watching a drama performed by the professional actors at the Starpia Kudamatsu Hall. Tokyo Theatre Company Kaze performed Helen Keller for us. Three high schools in Kudamatsu cooperated to promote the drama. After the drama students had a chance to stand on the stage and talked with the heroin. They had a wonderful time and enjoyed themselves.

       
       

【9月20日(木)】
花岡小2年生校外学習


花岡小学校の生徒が、小学校の近くの公共施設を学ぶため華陵高校を訪れました。子ども達は、小学2年生で、高校に大変興味を持っていました。華陵のことを知ろうと熱心で、果敢にも教室の中まで入るくらいでした。高校生は、小さな侵入者達に圧倒されていました。
Hanaoka elementary school students visited Karyo to study public facilities around their school. They were the second grade students and they were interested in high school education. They are earger to know about Karyo and aggressive (?) enough to go into the classroom. High school students were overwhelmed by the little intruders.

       


【9月14日(金)】

韓国姉妹校生徒との交流会
 
韓国の姉妹校からの2人の生徒は、韓国についてのプレゼンテーションをしました。華陵の生徒達は、彼らのプレゼンを大変興味深く聞いて、韓国の食べ物やKポップのスターについてたくさん質問をしていました。その後、韓国からの生徒は、浴衣を着て、茶道と華道を体験しました。
Two students from the sister school in Korea made presentations about Korea. Karyo students listened to their presentations with much interest and they asked many questions about Korean foods and K pop stars. After that, the Korean students experienced tea ceremony and flower arrangements in yukata.

       

【9月13日(木)】
韓国姉妹校からの留学生来校

華陵高校は、韓国釜山に姉妹校があります。その学校は、釜山大学校附設の高等学校です。本日、その学校から2人の生徒が華陵を訪れました。彼女達は、17日まで華陵の生徒の家にホームステイし、華陵高校の授業に参加する予定です。
Karyo has a sister school in Pusan, Korea. The school is a high school affiliated to Pusan National University. Today two students from the school came to visit Karyo. They are going to stay at Karyo students' houses and attend classes at Karyo until 17th.



【9月12日(水)】
英語科特別授業(次世代型教育)


英語科の生徒達は、ディベートに関する特別講義を受けました。特に自分の考えを広げる方法について重点的に学びました。福岡工業大学の准教授中野美香先生が、KJ法やトヨタ方式といった技法について講義してくださいました。この講義は、山口県教育委員会の支援を受け、次世代型教育推進のために行われたものです。本校は、県の研究指定校になっています。
The students in the English course took a special lesson about debating, especially focusing on how to develop their ideas. Ms. Mika Nakano, associate professor of Fukuoka Institute of Techonology, gave a lecture on techniques such as KJ method and Toyota method. This lecture was sponsored by the board of education in Yamaguchi prefecture to promote the next generation type education. Karyo is a pilot school.

       

【9月10日(日)】
華陵祭 祭の部

本日は、華陵祭の3日目でした。祭の部、文字どおり楽しむ一日です。生徒達は、華陵祭のメインテーマBESTの下、楽しんでいました。自発的な活動を通して、互いの絆を強めました。でも、(自然災害で苦しむこともなく)祭ができる幸せを感じ、感謝する気持ちも忘れることはありませんでした。
Today was the third day of Karyo Festival. It was literally a festival ---the day for entertainment. Students enjoyed themselves under the main theme of the festival,"B・E・S・T." They strengethened the bond between themselves through enjoying spontaneous activities. But they never forgot to thank and felt fortunate enough to enjoy the festival (without suffering from natural disasters).

     
       
       
       
       
       

【9月8日(土)】
華陵祭 文化の部


本日は華陵祭第2日目でした。手話部、文芸放送部、舞台芸術部といった文化部の活動を鑑賞しました。また、フィリピン、韓国、ノルウェー、イングランド、インドネシアに関するプレゼンを聞きました.これらは、私達の世界観を広げてくれました。その後、クラスの合唱コンクールがありました。楽しい1日でした。
Today was the second day of Karyo Festival. We enjoyed viewing cultural club activities such as the sign language club, the art and literature club, and the drama club. We also enjoyed listening to the presentations about the Philippines, Korea, Norway, England, and Indonesia. These presentations broadened our view of the world. After those, we had a class chorus competition. We enjoyed the whole day

       
       
       
.
【9月6日(木)】
華陵祭体育の部

華陵祭第1日目体育の部が行われました。 英語版ラジオ体操で始めるのが恒例となっています。
The athletic meet was held today as the first day of Karyo Festival. We made a rule to start with warm-up exercise in English.

     
     
     

【8月31日(金)】
始業式・賞状校納式・ALT、留学生紹介


本日、2学期が始まりました。全校生徒が体育館に集合し、夏休み中にテニス部や陸上競技部、吹奏楽部が獲得した賞をお祝いました。生徒に向けた校長先生のお話の後、新しいALTと留学生が生徒に紹介されました。新しいALTは英国からで、留学生はノルウェイからです。お二人がここ華陵で素晴らしい時を過ごしてもらえたらと思います。 

The second semester began today.  All the students gathered at the gym and celebrated the awards taken by the tennis club, the track and field club, and the brass band club during the summer vacation.  After the principal made a speech for the students, our new ALT and foreign exchange student were introduced to the students.  The new ALT is from England, and the exchange student is from Norway.  We hope both of them will have a wonderful time here at Karyo.


     
     

【8月29日(水)】
PTA研修旅行(福岡大学)

本校PTAが福岡大学を訪問しました。大学職員から大学の施設について説明を受け、保護者の皆さんは、大学の規模に感銘を受けていたようでした。2万人以上の生徒が福岡大学で勉強しています。このスタディツアーは、毎年保護者の方のために開催しています。 

Our PTA made a tour of Fukuoka Univ.  The university staff explained them about the facilities of the university.  They seemed to be impressed by the scale of the university.  There are more than 20,000 students studying there.  This kind of study tour is held for the parents every year.

 
 
     

【8月22日(水)】
広島大学オープンキャンパスに参加

52名の生徒が広島大学のオープンキャンパスに参加しました。生徒の多くは、1年生、2年生でしたので、広島大学の広大なキャンパスと優れた設備に感銘を受けていました。広島大学を訪問し、彼らに向けた授業を受けたことにより、将来の進路について視野が広がり、しっかり勉強しようという気持ちになったようです。

52 Karyo students participated in Hiroshima University’s Open Campus.  Since most of the students were the first year or the second year students, they were impressed by the large scale of campus and good facilities.  Visiting Hiroshima Univ. and observing some classes held for them broadened the views of their future studies and they were determined to study hard.

   
   
 
【8月21日(火)】

高校生と市議会の懇談会

 

華陵高校の代表の生徒が、下松市議会に招待され、議員さんと意見交換をしました。松本貴宗君は、生徒が自転車で安全に通学できるように、道路に自転車に乗る人のためのスペースを設けることを提案しました。これは、政治に高校生の関心を向けさせるイベントで、下松高校や下松工業高校の生徒もまたこのイベントに招待されました。

The representatives of Karyo students were asked to visit the Kudamatsu city council and exchanged opinions with the council members.  Yoshimune Matsumoto suggested that they should make space for bicycle riders on the roads so that students can commute to school by bike safely.  This was an event to draw attention of high school students to politics.  Students from Kudamatsu high school and Kudamatsu technical high school were also invited to join the event. 

 
   
   

【8月17日(金)】
学校説明会(オープンキャンパス)

 

本日は、いわゆる「オープンキャンパス」の日でした。約230の中学生が、華陵の説明会に参加しました。華陵高校の概要説明を受けた後、中学生達は、華陵の疑似高校生活を体験しました。―――各自の興味のある教科の授業を受けました。その後、部活動を見学しました。

Today was the day so called ‘Open Campus.’  About 230 junior high school students attended the orientation meeting for Karyo high school.  After listening to the general explanation of Karyo, they experienced a quasi-school life in Karyo: Each student chose to take a subject lesson of their own interest.  Then they observed the club activities.
 

       
       

【8月8日(水)~12日(日)】

韓国蔚山広域市を訪問・青少年赤十字メンバーと交流

 

白井校長と本校のJRC委員長の野間さんは、赤十字山口支社と韓国蔚山の赤十字支社の協賛による交換プログラムに参加しました。二人は、8月8日から12日まで、山口県の代表として韓国蔚山広域市を訪問し、韓国の青少年赤十字メンバーと交流しました。彼らは、文化交流をとおして、韓国の人々と親睦を深めました。

Principal Mr. Shirai and Ms. Noma, head of our JRC committees, participated in the exchange program sponsored by Red Cross in Yamaguchi and Red Cross in Ulsan, Korea.  They visited Ulsan, Korea, from 8th to 12th in August as representatives of Yamaguchi prefecture and interacted with RCY (Red Cross Youth) members in Korea.  They fostered friendship with Korean people through cultural exchanges.


 

【8月6日(月)】
オーストラリア・ホームステイだより(9)

生徒達は、無事オーストラリアの研修を終え、本日、日本に帰国予定です。
The students in Australia finished their program in Ausutralia and they are supposed to come back to Japan today.


【8月3日(金)】
オーストラリア・ホームステイだより(8)

今日は午前中にバディとの授業参加、オーストラリアの野外活動体験(ダンパー:パン生地を巻き付けた棒をキャンプファイアであぶって食べる)をしました。

炭でゆっくりとあぶったダンパーは素朴な味でそこにメイプルシロップをかけて食べました。なかなかお腹にたまる食べ物でした。

午後からは最後の授業時間に行うさよならパーティのプレゼンテーションの準備をしています。

忍者や駄菓子、日本語の表現や日本の文房具などを紹介するプレゼンテーションを行う予定です。

明日はホストファミリーと過ごす最後の日になります。

日曜日の10時に学校に集合して空港へ行き、岐路に着きます。

英語は、やはりすごく上達したようには思えませんが、自信をもって行動しているように見えます。

それぞれが何か得るものがあったのだろうなと思います。今は何を得たか分からなくても、帰国してからいろいろと変化している自分に気づくことができるでしょうし、他の人からも気づかれるのではないかと思います。


Today the students in Australia attended classes with their buddies and they experienced an Australian outdoor life---the dumper: They put the dough around the stick and baked it on the fire.  It tasted simple, so they put maple syrup on it.  It was a heavy meal.

In the afternoon, they are going to prepare for the farewell party.  They are going to make presentations about ninja, Japanese confectionary, Japanese expressions, Japanese stationary and so on.

Tomorrow will be the last day for them to spend their host family.

They will meet at school at 10 on Sunday and leave for Japan.  They don’t seem to improve their English so much, but now they have confidence in speaking and acting.  They seem to have learned something important through this homestay program.  Changes don’t come out clearly right now, but they will turn out in themselves when they come back to Japan.  Soon or later students will know their changes by themselves and other people will notice their changes

.

   
   
 

20年前の留学生アベイさん来校

20年前に華陵の留学生として学んだアベイさんが来校されました。アベイさんは、白井校長が華陵に教師として勤務していた時の留学生です。現在は、神奈川大学で英語教師として働く一方、日本文化とナイジェリアの文化の共通点など研究しています。
Ms. Abbey Abdul, who was an exchange student 20 years ago, paid a visit to Karyo. She was an exchange student when Principal Shirai was working for Karyo as an English teacher. Now she works for Kanagawa University as an English teacher. She is also studying cultural similarity between Nigeria and Japan.



【8月2日(木)】
オーストラリア・ホームステイだより(7)

日本語の授業では、日本語の道案内をヒントに宝探しをしたり、日本語の説明に従って寿司づくりキットでお菓子の寿司を作ったりしました。

英語の授業では、日本の名所をオーストラリア人の先生に説明しました。 

The students in Australia helped the Australian students to learn Japanese by doing treasure hunt in Japanese and explaining Sushi by making fun food sushi kit.  In an English class they explained tourist spots in Japan to their Australian teacher.

   
 


【8月1日(水)】
オーストラリア・ホームステイだより(6)

昨日、生徒達は、Mary Cairncross Park という亜熱帯雨林の公園に行きました。ラッキーなことに有袋類の一つであるPademelon の親子を見ることができました。その後、生徒達は、Montvilleという小さな観光地に行き、45分しかありませんでしたが、ショッピングを楽しみました。今日は、バディと一緒に普通のクラスに混ざるグループと英語の授業を受けるグループに分かれて活動しています。

The students in Australia went to Mary Cairncross Park, a park in the subtropical rainforest.  They luckily saw a Pademelon’s mother and a baby.  Pademelon is a pouched animal. 
After that, they went to Montville, a small tourist spot.  They enjoyed shopping even though they had only 45 minutes.  Today some of them are attending the normal classes with their buddies and the others are attending English classes. 

     


【7月30日(月)】
オーストラリア・ホームステイだより(5)

バディ(各生徒に現地校の生徒が一人付いてくれる)と一緒に授業を受けた後の休み時間にご飯を食べながら交流しました。オーストラリア特有の動物を紹介する英語の授業では、プレゼンをやり慣れている英語科の生徒にとっては楽勝だったようです。

The students enjoyed talking with their buddies during lunch break after they took the same lesson.  (Each Japanese student has one Australian student as a buddy--caretaker.)  In an English lesson, they were asked to explain unique animals in Australia.  This lesson seemed very easy for the English course students because they had got used to this kind of presentation in Japan.

 
   
 


オーストラリア・ホームステイだより(4)

オーストラリアから写真がさらに送られてきましたので、掲載します。生徒達は、日本語の授業にネイティブ・スピーカーとして参加しました。

More pictures were sent form Australia. The students joined Japanese lessons as native speakers of Japanese.


   
 
 

オーストラリア・ホームステイだより(3)

生徒達は、ホストファミリーと一緒に楽しい週末を過ごしたようで、みんな元気そうです。金曜日の活動の様子を掲載します。クッキングや日本語の授業に参加しました。クッキングではカップケーキを作り、日本語の授業では、自己紹介を日本語で行いました。オーストラリアの生徒達が日本語を学ぶのを手伝いました。また、学校の近くの湖で釣りを楽しみました。でも、だれも釣れませんでした。
The students in Australia seem to have spent enjoyable weekends with their host family and they all look fine. The photos below are from activities on last Friday.  They attended a cooking class and a Japanese class. In the cooking class they made cup cakes and in the Japanese class they introduced themselves to the Australian students in Japanese.  They helped the Australian students to learn Japanese. They also enjoyed fishing in the lake near the school, but nobody caught a fish.


 
   

【7月27日(金)】
オーストラリア・ホームステイだより(2)
 
昨日生徒達は、オーストラリア動物園に行きました。非常に広いところなので、すべてを見た生徒はいないようです。コアラを触ったり、カンガルーに餌をやったり、ワニや鳥のショーを見たりしました。

特にコアラの雄にはユーカリのさわやかな匂いがして、コアラを実際に触ってみなければわからないことを体験して喜んでいました。

今日は2つのグループが違うことを体験する日です。グループAは日本語の授業(さわやかな外で質問しあっている場面もあります)やクッキングの授業を午前中に、午後は英語の授業です。グループBは午前中が英語の授業で、午後はクッキングや湖での釣りの体験をします。

ホストファミリーや現地校の生徒たちの話すスピードについていけず、苦労している生徒も多いですが、それぞれに元気にやっています。

明日からはオーストラリアでの初めての週末で、それぞれのホストファミリーがいろいろと計画してくれています。

The students in Australia went to the Australia Zoo yesterday.  It was so huge that none of them was able to see everything.  They touched koalas and fed kangaroos for the first time. They also enjoyed watching crocodiles, birds, etc. It was surprising to know that Koalas smelled good because they ate eucalyptuses.

Today the students were divided into two groups. Group A attends a Japanese class (they enjoy giving questions in Japanese with Australian students outside the classrooms) and cooking class in the morning.  They will join an English lesson in the afternoon.  Group B attends an English lesson first and they will do activities such as cooking and fishing at the lake in the afternoon.

They seemed to have a hard time to catch up the conversations with their host families and Australian students, but anyway they tried best. 

They are going to spend the first weekend with their host families.  Each host family seems to plan something nice for them.

     

   


【7月25日(水)】
オーストラリア・ホームステイだより(1)

 
 

本日、オーストラリアホームステイ参加者は、姉妹校であるカワナ高校で、オーストラリアの文化を学んだり、英語の授業を受けています。

The students in Australia are studying Australian culture and also taking English lessons at Kawana High School, our sister school in Australia.


   

【7月24日(火)】
オーストラリア・ホームステイ無事到着

オーストラリア・ホームステイに参加した生徒達は、無事ブリスベンの空港に到着しました。長旅で少し疲れているようですが、皆元気です。見るものすべてが新しく、楽しそうにしているそうです。

The students who joined the Homestay Program in Australia has safely arrived in Brisbane, Australia.  They look a little tired because of a long flight, but they seem happy since everything is new to them.

 


【7月21日(土)
野球3回戦敗退

野球部がベスト8を賭けて高川学園と対戦しました。みんなで応援しましたが、善戦むなしく0対6で負けました。皆さんありがとう。私達は、チーム華陵の名の下、充実した思いを共有できました。
Our baseball team fought against Takagawa Gakuen to reach the quarter-final.  We all cheered them up, and they did their best, but they lost the game by 0 to 6.  Thank you, everyone.  We are the ones who share a sense of fulfillment under the name of Team Karyo!

 

       
       
       


【7月20日(金)】

校納式、ディランお別れ式、終業式、オーストラリア・ホームステイ結団式

ハンドボール部とアーチェリー部が、全校生徒の前で表彰されました。彼らが県体や中国大会で獲得した賞が、生徒に披露されました。その後、ALTディラン先生のお別れ式が行われました。ディラン先生は、2015年の8月から本校ALTとして勤務されました。とても優しく、熱心に英語を教えていただけるので、皆に好かれています。これからも日本で、ディラン先生にすばらしい人との出会いがあることを願っています。

1学期終業式の後、オーストラリア・ホームステイの結団式が開かれました。約30名が7月23日よりオーストラリアの姉妹校カワナ高校でホームステイを始めます。校長先生は、ホームステイ期間中の基本的なルールについて話され、オーストラリアでの活躍を祈られました。

Our handball club and archery club were applauded in front of the whole students. The prizes they got in the regional tournaments and the Chugoku District tournaments were shown to the students.  After that, a farewell ceremony was held for our ALT Dyran.  Dyran has worked for our school as an ALT since August in 2015.  He is gentle and very earnest in teaching English, so he is liked by everyone.  We wish Dyran wonderful encounters with people in Japan.

After the closing ceremony of the first term, there was a ceremony for the students who will participate in the homestay program.  About 30 students will begin the homestay program at Kawana High School in Australia from July 23.  Principal talked to the students about the basic rules during the homestay program and wish their luck in Australia.

  

   
   



【7月17日(火)】

野球第2回戦突破!

野球の県予選第2回戦が、本日暑く、まぶしい夏の日差しの中で行われました。本日は、平日でしたので、野球の応援団のみが周南野球場で応援を行い、他の生徒は学校で授業でした。応援する生徒の数は少ないですが、彼らは大変よくやりました。応援団の一人一人が、できる限りの声を出して応援し、それは、全校生徒が応援するのに匹敵するくらいの力強さでした。応援団の熱心で、心のこもった応援のお陰で、本校の野球部は、周防大島高校を相手に、10対6で勝利しました。彼らは、7月21日に高川学園とベスト8を賭けて戦います。

The second game in the prefectural baseball tournament was carried out in today’s shimmering hot summer day.  Today was just a normal week day, so only the cheering squad went to Shunan baseball stadium to cheer our baseball team while other students attended classes at school.  Even though the number of the students in our cheer group was small, they did an excellent job.  Each member of the squad cried out to the full extent, which was equal in power to the whole students of a school.  Thanks to their earnest and hearty cheering, our baseball team won the second game against Suo-Oshima high school by 10 to 6.  They were supposed to fight against Takagawa Gakuen on July 21st to reach the final 8 in Yamaguchi prefecture.

 

     
     

 
【7月15日(日)】
夏の甲子園に向けて、まず1勝

野球の県大会第1試合が7月15日に行われました。本校の野球は、岩国総合高校に対して、5対0で勝利しました。甲子園球場出場という夢に向かって、一歩前進しました。
The first game of the Yamaguchi prefectural baseball tournament was held on July 15th. Our baseball team won the game against Iwakuni Sogo high school by 5 to 0. They went up one step forward toward their goal of playing at the Koshien stadium.

     
     



【7月14(土)~16日(月)
3年生学習合宿

3年生がやまぐちセミナーパークで行われた3日間の学習合宿に挑みました。受検生にとって、夏は天王山。参加した生徒達は、来る大学入試の準備に向けて、期間中、昼夜を通して勉学に励みました。
The third year students challeged three-day-study camp in the Seminar Park in Yamaguchi. Summer is generally regarded as the most important season for the students aiming to go onto college. So they spent all the days and nights studying and preparing for the coming entrance examinations.

 



【7月12日(木)】
壮行式及び野球応援

 

野球部、舞台芸術部、吹奏楽部のために壮行式が開かれました。各部はこの夏に行われる県大会に出場します。壮行式の後、近く実施される野球の試合に向け、応援団による応援練習が実施されました。

A pep rally was held for our baseball team, drama club, and brass band club.  They are going to participate in the prefectural competitions held in this summer.  After that, our cheering squad led the students to practice cheering for the upcoming baseball game.

     
     

【7月9日(月)】
サルビアの苗植え

 

ボランティアの生徒が市花であるサルビアの花を花壇に植えました。サルビアは、本校の制服の紋章の中にも見ることができる花です。

Student volunteers planted Salvia, the city flower, in the flower beds in front of the school.  Salvia is a flower which can be seen in the emblem of our school uniform.

   


【7月5日(木)】
ハンガリーからの留学生チェンゲのお別れ会

ハンガリーからの留学生チェンゲさんに対して、お別れの式が行われました。彼女は昨年の8月に来日し、ほぼ1年間を華陵で過ごしました。彼女は、多くの部活動に挑戦し、多くの友だちを作ることができました。日本語も上達し、流ちょうな日本語で華陵の生徒達に対する彼女の思いを目に涙を浮かべながら伝えました。

A farewell ceremony was held for Chenge, an exchange student from Hungary.  She came to Japan last August and spent almost a year at Karyo.  She tried joining many club activities and she has made a lot of friends.  She has acquired a good command of Japanese and she expressed her feelings toward Karyo students in fluent Japanese with tears in her eyes.


     
     
 
【6月25日(月)】
洋食フード・マイスター来校

またフード・マイスターをお招きしました。全日本司厨士協会から道法昭英氏に来ていただきました。生徒達は、先生の調理の様子を熱心に拝見し、教えていただいたようにハンバーガーとスープを試作しました。

We asked another master cook to come and teach at Karyo.  Mr. Akihide Doho from AJCA (All Japan Chef’s Association) visited Karyo.  Students watched his cooking with keen interest and tried cooking hamburger and soup as he taught.


   
   
 

【6月23日(土)】
英語科説明会


本日、英語科説明会を開催しました。予想を超える参加者がありました。今年度は120名を超える中学生とその保護者の方々の参加があり、英語の授業に参加してもらったり、学校の概要説明を聞いていただきました。

An orientation meeting for the English course was held today.  There were more people attending the orientation than we had expected.  This year more than 120 junior high school students and their parents came to visit Karyo and participated in the English lessons and the information session.

 
     
     

【6月21日(木)】

生徒総会

本日、生徒総会が開かれました。まず、生徒会が全生徒に向けて、華陵祭のメインテーマ「BEST」について説明しました。彼らが今年度の華陵祭を最高なものにしたいと願っているのは、もちろんのことですが、この単語一つ一つの文字に特別な意味が込められています。「B」は「絆」、「E」は「楽しむ」、「S」は「自発性」、そして「T」が「感謝」です。今年の華陵祭が、みんなが自発的に感謝の気持ちをもって参加し、互いの絆を強くするような楽しめるものとなることを願っているのです。その後、学校生活について話し合われました。今年の議題は、更衣室について困っていることです。更衣室のにおいや男子更衣室について議論がなされました。

The general meeting of the student council was held today.  First, the student council explained to the whole students about the main theme of Karyo Festival: “BEST.”  They want this year’s festival to be the best, of course.  Each letter of the word also has a special meaning.  “B” is for “bond.”  “E” is for “enjoy.”  “S” is for “spontaneity.”  And “T” is for “thanks.”  The student council want this year’s festival to be enjoyable one so that all the student can spontaneously and thankfully participate in it and build a strong bond among themselves.  Then they opened up a discussion about their school life.  Today’s agenda was about problems of the school locker rooms.  They discussed the smell of the locker rooms and the locker rooms for boys.


     
     
 

【6月15日(金)~17日(日)】
高校総合文化祭・ボランティア活動・中国大会

吹奏楽部が周南文化会館で行われた高等学校総合文化祭に出演しました。部員の数は多くありませんが、彼らの美しい音色に観客は魅了されていました。
Our brass band club joined Inter High School Cultural Festival held at Shunan Bunka Kaikan.  The number of the club members is not large but their beautiful sounds fascinated the audience.

 

 

生活研究部が、モールで開催された地域のボランティア活動に参加しました。クッキーを作って、訪れた人々にプレゼントしました。
Our home economy club took part in the local volunteer event at the Mall.  They made cookies and gave them to the people visiting the Mall. 

   
   


 アーチェリー部と陸上競技部が中国大会に出場しました。アーチェリー部は団体でベスト8となりました。

Our archery club and track and field club participated the Chugoku District High School Competition.  Our archery club advanced to the quarter-finals at the competition.

   
   


【6月13日(水)】
山口県立大学の学生が来校


本校は山口県立大学と2012年に連携教育の提携を結んでおり、県立大といくつかの行事を行っています。本日は、県立大の大学生達が華陵を訪れ、英語の授業を参観しました。彼らは冬に本校で体験授業を行う予定です。また、本校の英語教員が大学で大学生に講義を行うことになっています。

We have made an educational partnership with Yamaguchi Prefectural University since 2012 and we have been promoting several events with the university.  Today a group of the university students visited Karyo and they observed English classes.  They will have a chance to practice teaching English at Karyo next winter.  English teachers of Karyo are also going to visit the university and give the college students some lectures.

 

【6月12日(火)】
中国大会出場壮行式

陸上競技部の選手のために壮行式が開かれました。出場する選手は、濱田弓真さんです。彼女はハンマー投げの選手です。彼女は、6月15日に山口で開催される中国高等学校陸上競技選手権大会に参加します。今年度これまでに、本校の3つの部が山口県代表として中国大会に出場する資格を与えられました。

The pep rally was held for a member of the track and field club.  Her name is Yuma Hamada and she is a hammer thrower.  She is going to join the Chugoku District High School competition which will be held on Jun 15 in Yamaguchi. Three clubs of ours have been qualified to join the Chugoku District High School competition as representatives of Yamaguchi prefecture so far this year.


   

 

【6月11日(月)】
フード・マイスター来校

フード・マイスターの大日田哲男さんをお招きして、お米でつくるおいしいロールケーキのつくり方を教わりました。生徒達は、マイスターのテクニックに感銘を受けていました。本校では、7月にも別のマイスターをお招きして、調理を教えていただく予定です。

Master cook Tetsuo Oohida came to teach the students how to make a delicious roll cake made of rice.  The students were impressed by the master cook’s technique.  Our cooking class will invite another master cook in July, too.


   
   



6月8日(金)】
舞台芸術部校内公演

舞台芸術部が放課後にクラブ室で「七人の部長」という新しいドラマを公演しました。設定は、七人の部長が校内の予算配分について議論するというものです。予算配分の議論を通して、他のクラブの活動の様子を理解するとともに自分達自身の活動についても振り返る機会となったこと、結局、予算について何も変える事はできなかったが、お互いをよく知り合えることになったという内容でした。ドラマは良く準備されたもので、すばらしい公演でした。

Drama club performed their new drama “Shichinin-no Bucho (Seven Presidents)” in the club room after school.  The story showed an aspect of high school life:  Seven club presidents attended a meeting for the school budget allocation.  By discussing the budget allocation, each president had a chance of reflecting his or her own club activities as well as knowing what other club activities are like.  Even though nothing changed on the budget allocation through the discussion, they knew each other better after all.  The drama was well-performed and the staff members did a great job.

     

 

【6月7日(木)】

初代AFS交換留学生来校

本日、初代のAFS交換留学生ティモシー・パターソン氏が、家族とともに華陵高校に来校しました。今から30年以上も前、華陵高校が創設された頃、彼は、オーストラリアから日本にやって来て、1年間華陵の英語コースに在籍しました。白井校長が当時の彼のクラス担任です。今日は、2年E組の授業に参加して、華陵での経験を生徒に話してくれました。


Timothy Patterson, the first AFS exchange student, came to visit us with his family.  More than 30 years ago, around the time when Karyo was founded, he came to study in Japan from Australia and he spent a year in the English course of Karyo.  Principal Shirai was his home room teacher then.  Today Tim attended 2E class and talked about his experiences at Karyo.


   
   


【5月31日(木)】

情報モラル教育

 

本日情報モラル教育が実施されました。SNSを通して情報を共有する者として、生徒達の心構えやモラルについて改善を図るのが目的です。本日の講義には、リアルタイムの要約筆記も行われました。

Today information ethics education was held to improve the positive attitude and the morale of the students as users to the information sharing through social networking services.  Today’s lecture was provided with real-time speech-to-text captioning for the students who are aurally challenged.


   
   

5月21日(月)

第1回学校運営協議会開催

この4月から華陵高校はコミュニティスクールとしてスタートし、第1回の学校運営協議会が本日開催されました。委員の方々は、白井校長から学校の方針や目標について説明を受けました。委員の方々には、諮問委員として学校運営にご助言をいただくことになります。委員は、以下の方々です。三池孝道(PTA会長)、中村隆征(下松市議会議長)、中村萬喜子(下松市更生保護女性会会長)、小林政幸(花岡公民館長)、流田正士(元華陵高校校長)、岩野雅子(山口県立大学大学院国際文化研究科長)、河村啓太郎(まちあい徳山代表取締役)、本田絵里(日赤山口支部事業推進係長)

 

Karyo has started as a community school since this April.  The first committee meeting was held today.  The committee members were explained about the school principle and goals by Hiroaki Shirai, principal of Karyo.  They were going to be involved in the management of school as advisory staff.  The committee members are as follows: Koudou Miike, Takayuki Nakamura, Makiko Fujita, Masayuki Kobayashi, Masashi Nagareda, Masako Iwano, Keitaro Kawamura, and Eri Honda.


 

【 5月19日(土)】
PTA総会、アンガーマネジメント研修
 

PTA総会が本日開催されました。新会長には、三池孝道氏が選出されました。総会後には、怒りをうまく対処して、子どもとのより良い関係を築く方法について特別講演会が開かれました。講演者は、アンガー・マネジメント研修の第一人者小林洋子さん。怒りをうまくコントロールする方法を御教授いただきました。

 

PTA’s general meeting was held today.  Mr.Koudo Miike was chosen as new president.  After the meeting, there was a special lecture on how to cope with anger and to build good relationship with children.  The lecturer was Ms. Yoko Kobayashi, who was the expert on anger management.  She taught us some good ways to control anger.

     
     

【 5月13日(日)】
第69回中国高等学校ハンドボール選手権大会 優勝!!!

広島県立総合体育館で開催された中国大会で本校女子ハンドボール部が見事優勝しました。
1回戦 華陵 34ー6 米子東、2回戦 華陵 20ー10 倉敷天城、3回戦 華陵 15ー11 岩国商業、決勝戦 華陵 22ー19 高水

 

5月2日(水)

クラスマッチ、賞状披露、中国大会壮行式 

クラスマッチの後、地区大会で受賞した生徒が全校生徒の前で表彰されました。ハンドボールとアーチェリー部は、県の代表として中国大会に出場しますので、壮行式が開かれました。

 

After the class matches, club members who won the prizes for the regional tournaments were applauded in front of the whole students.  Since the handball team and the archery team were going to attend the Chugoku District tournaments as representatives of Yamaguchi prefecture, we held a pep rally for them.

     
     
 
5月1日(火)
県下一斉VS

本日、全校生徒はVS(ボランタリー・サービス)に参加しました。実際には自発的に行う清掃活動のことで、華陵近くの花岡地区の清掃を行いました。赤十字の創始者アンリ・デユナンの生誕を記念して毎年この時期にこのようなボランティア活動を行っています。生徒達は、花岡八幡宮や花岡駅など、多くの場所の清掃活動に従事しました。

Today all Karyo students participated in VS (voluntary service), which actually means they voluntarily involved in cleaning Hanaoka area near Karyo.  Students annually did this volunteer act around this time of the year in honor of the birthday of Henry Dunant who was the founder of the Red Cross.  Students involved cleaning many places such as Hanaoka shrine and Hanaoka station.

 

     
     

4月25日(水)
新入生のAFPY研修


本日、新入生を対象にAFPYが開催されました。AFPYは、豊かな人間関係を築くために山口県が独自に開発した体験学習プログラムです。新入生はいろいろな中学校から来ていますので、まだお互いのことをよく知りません。そんな彼らにAFPYは、楽しい活動を通して、互いに交流し、助け合う機会を与えます。課題を達成するためには、お互いの協力が大切だと学びます。結果として、良い友だち関係を築き、新しい学校生活により適応することができるようになります。


The first year students enjoyed AFPY today.  AFPY (Adventure Friendship Program in Yamaguchi) is a unique program used for enhancing good relationship among new students.  The first year students are from various junior high schools and they still don’t know each other well.  AFPY gives them the opportunities to interact and help each other through enjoyable activities.  They know how important it is to cooperate each other so as to accomplish the tasks in AFPY.  As a result, they can build up a good friendship among themselves and fit into their new school life better.


     
     

4月21日(土)・22日(日)
中国大会予選・徳山支部大会

先週末は、多くの生徒が中国大会予選や徳山地区大会に臨みました。

中国大会予選:アーチェリー部、バドミントン部、テニス部

徳山支部大会:ハンドボール部、陸上競技部


Many students joined the preliminary round for the Chugoku district high school tournaments or Tokuyama district tournaments on April 21 and April 22.


     
     
 

4月17日(火)
新入生1日英語研修

英語科の1年生に、イングリッシュ・キャンプが開催されました。本校から3名のALTと他校から7名のALTを講師に迎え行いました。このキャンプ中では、1)いつも英語で話すこと。2)ミスを恐れぬこと。3)いつも笑顔でいること。という3つの大きなルールがありました。英語で1日中話すというのは、1年生にとっては確かにタフな経験ですが、また、英語を使ってコミュニケーションするのは、面白いということも分かったようです。生徒達は、ゲームやおにぎり作り、ロールプレイ、宝探しなどの数多くの活動を通して英語を使うことを楽しみました。 

The English camp was held for the first year students on the English course.  Three ALTs from Karyo and seven ALTs from other schools were today’s instructors.  Three big rules in this camp were as follows: 1) To speak in English all the time. 2) No to be afraid of making mistakes.  3) To keep smiling.  It was actually a tough experience for the 1st year students to speak English all day, but they seemed to find it fun to communicate with each other in English.  They enjoyed using English through a variety of activities such as introductory games, Onigiri-making, "English Town"(role playing), scavenger hunt, and so on.


     
     
     
     

4月16日(月)
ハンドボール部が中国大会予選で優勝!

ハンドボール部は、4月15日(日),16日(月)に開催された中国高等学校ハンドボール選手権大会山口県予選大会で、見事優勝しました。ハンドボール部は5月に広島で開催される中国大会に出場します。

Our hadball team won the championship in the preliminary round held in Yamaguchi on April 15 and 16. They will participate in the Chugoku District High School Tournament which will be held in Hiroshima in May.



4月13日(金)
離任式

この春に華陵を去られた5人の先生方に対し、離任式が行われました。生徒に向けて離任された先生方お一人ずつからスピーチをいただきました。華陵に対する特別な思いをお聞きして、生徒達は深く感銘し、勇気づけられました。皆心が熱くなるひと時となりました。


The farewell ceremony was held for the five teachers who left Karyo this spring.  Each teacher made a farewell speech to the students.  They conveyed their special feelings for Karyo.  The students were deeply touched and encouraged by their words.  We had a heartfelt moment today. 

   
   

4月10日(火)

新入生歓迎会・校納式

本日、新入生の歓迎会が行われました。新入生達は、先輩から大きな歓迎の拍手を受けた後、先輩達とオリジナルの名刺を交換しました。これは新入生が学校生活を快適に思えるように、そして新たな高校生活をスムーズに始められるようにと生徒会の皆さんが企画したものでした。
また、野球部が春休み中に開催された市内大会で優勝したので、優勝旗が校納されました。


Today we had a welcome ceremony for the freshmen in the gym.  They were applauded and hailed by the seniors. The 2nd and the 3rd students exchanged their original business cards with the new students.  The students’ council planned and hosted the ceremony so that the freshmen would feel comfortable at school and begin their new school life smoothly.
After the ceremony the championship flag was handed to the principal from the captain of our baseball team. They had won the championship at the municipal baseball tournament held in the spring vacation.

   
   

4月9日(月)

着任式・始業式・留学生紹介・入学式

新年度が始まりました。白石義徳教頭を始め、7人の教職員を迎えて着任式が行われました。
始業式の後、韓国からの留学生ヒュン・ジェオン(Hyun Jaeyoung)君が紹介されました。笑顔が素敵な少年です。
午後からは、入学式が挙行されました。新入生は壇上で一人ずつ呼名され、校長と握手を交わしました。早く高校生活に慣れてくれることを願います。

The new school year began.  Seven new staff members were assigned to Karyo SHS, including our new vice-principal, Mr. Yoshinori Shiraishi.  We had a welcome ceremony for them.

Then, the opening ceremony was held.  After the opening ceremony, Hyun Jaeyoung, the new exchange student from Korea, was introduced to all the students. He has a wonderful smile. 

In the afternoon the entrance ceremony was held.  Each student was called up, and shook hands with the school principal on the stage.  We hope that they will get used to high school life soon.