ここは山口県立華陵高校の平成18年度から3年間のセルハイ関係の資料や取り組みを紹介するページです。     Karyo Weeklyはこちら

平成18〜20年度SELHi研究開発実施報告書

この度、3ヵ年分の研究開発をまとめた実施報告書を作成しました。準備が整い次第、順次ホームページに掲載予定です。ぜひ御覧いただき、御指導の程よろしくお願いします。

なお、添付資料につきましては、授業で扱った教材の英文等を含むものは、著作権保護のためにインターネット上での掲載を控えました。

本文 こちらをクリックしてください

  1. SELHi学校名
  2. 研究開発実施期間
  3. 研究開発課題
  4. 研究開発課題の設定理由
  5. 3年間の研究計画
  6. 研究開発の内容
  7. 3年間の英語コミュニケーション能力の向上について
  8. 校内の英語教育(特に授業)の改善状況
  9. 研究開発組織について
  10. 外部講師の講演,授業外活動等の記録

添付書類

    目標に関するもの

  1. 「華陵Can-Doリスト」
  2. 「華陵Can-Doリスト」に基づくレベル別目標
  3. 指導に関するもの

  4. ワークシート作成上の心得
  5. ワークシート・モデル(論説文)*インターネット非公開
  6. ワークシート・モデル(物語文)*インターネット非公開
  7. 『華陵ウイークリー』宿題用紙*インターネット非公開
  8. 「多読プログラム」指示1〜2
  9. 「多読プログラム」記録用紙
  10. 「多読プログラム」図書管理方法
  11. 評価に関するもの

  12. NEW 「華陵Can-Doテスト」*H22年4月2日より公開
  13. 「華陵Can-Doテスト」結果分析
  14. 平成20年度定期考査の例 その1*インターネット非公開
  15. 平成20年度定期考査の例 その2*インターネット非公開
  16. GTEC平均点まとめ
  17. 語彙レベルテスト平均点まとめ
  18. 行事に関するもの

  19. 外部講師による特別授業の配布資料*インターネット非公開
  20. 山口県高等学校教育研究会(英語部会)研究発表資料
  21. 研究成果報告会の記録
  22. 平成20年度夏期語学セミナー報告書
  23. 平成20年度海外ホームステイ研修報告書

セルハイ (SELHi) とは

Super English Language High School の頭文字をとった呼び名で、文部科学省が指定する研究指定校のことです。英語教育の先進事例となるような学校づくりを推進するため、英語教育を重点的に行う高等学校等を指定し、英語教育を重視したカリキュラムの開発、大学や中学校等との効果的な連携方策等についての実践研究を実施します。

2回目の指定

華陵高校は平成15年から2回のセルハイ研究指定を受けました。通算すると6年間の指定になります。2回目の指定期間、平成18年度からの3年間は「自己表現力」をリーディングと関連付けたプロジェクトを実施しました。指定期間は終了しましたが、スタッフは、研究成果を継承して元気に続投中です。

2回目の研究での英語力の到達目標は「英文を読んで,表面的な情報を読み取るだけでなく,概要を要約したり,意見を述べたり感想をまとめたりすることができる」ようになることです。詳しくは、上に掲載した資料をご覧ください。

前回のセルハイ指定

華陵高校は平成15年度からの3年間もセルハイの研究指定を受けていました。スピーチ、スキット、ディベート、ディスカッションというコミュニケーション活動を通して、英語で自分の気持ちや意見を表現できる「自己表現力」の養成をテーマに研究しました。

#前回のセルハイの情報はここをクリックしてください。内容は若干古くなっていますが、素晴らしいです。

情報発信中

インターネットを使って随時情報発信する予定です。宜しくお願い申し上げます。

平成22年4月2日
平成22年度英語科主任