SELHi@華陵高校

国際理解教育


英語で思いを伝える場を中学生に:
中学生招待英語スピーチコンテスト

 華陵高校国際交流部では、下松市教育委員会と共催で、英語を学ぶ中学生に英語で発表をする場を提供しています。
 華陵高校の開校以来回を重ねた招待英語スピーチコンテストは、平成16年度で18回を数えました。この大会に参加した後、華陵高校に入学してくる生徒も少なからずいます。
  平成16年度は2月16日(水)、本校視聴覚教室にて、10名の参加者が日頃の英語学習の成果を発表しました。

平成16年度 第18回大会の様子

 今年度、本校からは教頭先生・大田先生・ Tom 先生・ Felicity 先生が審査員として、また1年 E 組の生徒が参観者として発表会に参加しました。
 発表会では、中学校2年生8名、1年生2名(男女比は3:7)が堂々とした英語を述べ、その発音の確かさと視線や体の動かし方などの表現力にみな感嘆していました。
 スピーチの内容は、自分が大切にしている思い出・環境問題への提言・友達の大切さなど幅広く、すべて自分の意見として発表されたものでした。
 審査員が甲乙つけがたいスピーチの採点に悩んだ結果、優勝は下松中学校の2年生、準優勝は末武中学校の2年生となりました。