バレンタインデー特集(所かわれば品かわる)
 2月14日は「バレンタインデー」です。日本ではバレンタインデーに、女性が男性にチョコレートを贈るようになっています。このイベントは、とあるチョコレートメーカーが始めたことになっていますが、どうしてこの日が「愛」に関係するのでしょうか?まずはその起源を探っていくことにしましょう。 KGV14号の
トップに戻る


愛の日になったのは

告白の日になったのは

西欧文化圏のバレンタインデー

韓国のバレンタインデー

日本のバレンタインデー

参考資料:
 バレンタインデーの起源について
   http://www.family.gr.jp/valentine/valentine.htm
   http://www.ffortune.net/calen/valen/valen.htm
   http://iroha-japan.net/iroha/A01_event/04_vd.html
世界のバレンタインデーについて
   http://www.netlaputa.ne.jp/~tokyo3/valentinj.html
韓国のバレンタインデーについて
   http://www.konest.com/culture/special/calender/no1027.htm
ホワイトデーについて
   http://www.candy.or.jp/whiteday/hiwa.html
   http://www.g-chef.com/study/column/new_column68.htm

「バレンタインデー」を英語で書くと、"St. Valentine's Day"、つまり「聖バレンタインの日」です。つまり、「聖バレンタイン」という人を記念した日なのです。ではその人は、いったい何をした人なのでしょうか?

 「聖バレンタイン」の名をもつキリスト教の聖人は7人います。このうち2人が3世紀の人で、そのどちらかがバレンタインデーの元となったらしいのですが、諸説あるようです。だいたい次のような出来事が起源ではないかと言われています。
 3世紀終わり頃、当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、兵士が家族を恋しがると軍の志気が低下するから、という強引な理由で、兵士たちが家族をもつこと(結婚)を禁止していました。聖バレンタインは、結婚を望む兵士たちの結婚式をこっそり行なっていたのですが、これが皇帝にばれてしまいます。逮捕の後、ローマ法官アステリオの取調べを受けることとなったのですが(アステリオは看守だったという説もある)、聖バレンタインはこのアステリオの盲目の娘ジュリアと親しくなりました。聖バレンタインは彼女のために祈り、その愛の力が彼女の目を見えるようにしてしまったのです!アステリオは聖バレンタインに感謝し、当時禁止されていた(世界史選択者諸君、キリスト教がローマで公認されたのはいつだったかな?)キリスト教に改宗しますが、それを知った皇帝によりアステリオの一族は処刑されてしまいます。そして西暦270年(269年説もある)2月14日、聖バレンタインも処刑された、らしいのです。
 以上の言い伝え、つまり聖バレンタインが「禁止されていた結婚をさせた」「愛の力で奇跡を起こした」ということから、聖バレンタインは「恋人たちの守護者」とされるようになりました。