4 韓国のバレンタインデー
 バレンタインデーにチョコレートを贈るのは、日本だけだと思っていませんか?実は、韓国にも同じ習慣があるのです。そう、女性が好きな男性にチョコレートを贈るのです。この日に男性から女性へのプレゼントはありません。
 日本と韓国の違いの一つ目は、「義理」がほとんどないということです。昔は日本もなかったはずなので、しばらくすると義理チョコが出現するかもしれません。
 二つ目の違いは、チョコレートのあげ方です。日本では手作りのチョコレートをあげるか、既製品なら一箱単位を贈りますが、韓国では既製品のチョコレートをバスケットにいっぱい詰めて、それをきれいにラップして贈るようです。

 なお、韓国には「ホワイトデー」も存在します。日本でのホワイトデーは、「バレンタインデーのお返しの日」ですが、韓国では「男性が女性に告白する日」です。
 さらに、4月4日は「ブラックデー」(2月と3月に何も起こらなかった男女が黒い服を着て黒い冷麺を食べる。恋人のいない男女は一目で分かるので、黒服同士がカップルになることもしばしばらしい)、5月14日は「イエローデー」(ブラックデーにも何も起こらなかった人は、黄色い服を着てカレーライスを食べる)、8月14日は「グリーンデー」(森林浴をする日ですが、ここまできても恋人のいない男女が「グリーン」という名前の焼酎を飲みながら慰め合う日でもあるらしい)となっています。日本より商売上手のような気がします。
KGV14号の
トップに戻る


バレンタインデートップへ

愛の日になったのは

告白の日になったのは

西欧文化圏のバレンタインデー

韓国のバレンタインデー

日本のバレンタインデー