3 西欧文化圏のバレンタインデー
 様々なホームページでバレンタインデーについて調べてみたのですが、どうやら「アメリカ式」とか「フランス式」という定義よりも「ヨーロッパ式」という定義の方が当てはまりそうなので、そういう形で紹介します。
 まず、「誰が送るか」ですが、ほとんどの場合「男性から女性へ」です。アメリカでは老若男女関係なく、感謝の気持ちを表すこともあるようですが、通常は男性が女性に贈るようです。多くは恋人・夫婦間でのやりとりですが、オーストリアでは「子供が母親に」もあり、南米コロンビアでは女性が男性にプレゼントを贈るようになっているらしいです。
 次に「何を贈るか」ですが、多いのは「花束」「カード」「お菓子」「アクセサリー」のようです。気持ちがこもっていれば何でもいいのかもしれません。
 ちなみにこの日が「恋人の日」として一般化したのは第一次世界大戦後のアメリカです。また国によってはこの習慣がそれほど一般的でないところもあります。ドイツ・オーストリア・スウェーデンでは、まだまだ新しい習慣のようです。
KGV14号の
トップに戻る


バレンタインデートップへ

愛の日になったのは

告白の日になったのは

西欧文化圏のバレンタインデー

韓国のバレンタインデー

日本のバレンタインデー