外国の正月について(所かわれば品かわる)
 日本に住んでいる私たちには、「初詣」「おせち料理」「お年玉」のような日本の新年の迎え方が当たり前すぎて、他国のことについて考えたこともないのではないでしょうか?みなさんの中には、これから外国で正月を迎えることのある人もいることでしょう。ここでは様々な国の新年の様子を紹介します。右側の国名をクリックしてください。 KGV13号の
トップに戻る


オーストラリアの正月

韓国の正月

中国の正月

エジプトの正月

その他の国の正月

参考資料:
 世界各地の正月について
    http://homepage3.nifty.com/purinto/library/world1.html
 中国の正月について
    http://www.pref.nagano.jp/soumu/kokusai/cir/china/syun.htm
 エジプトの正月について
    http://arabiago.com/egypt/memo/eid_el_fitr.htm
 太陰暦について
    http://suika.fam.cx/~wakaba/-temp/wiki/wiki?%C2%C0%B1%A2%CE%F1

※各国の「暦」について

 「カレンダー」というと、皆さんはどんなものを頭に浮かべますか?1年が365日で、12ヶ月に分かれていて‥‥。でも、世界には様々なカレンダーがあるのです。少し紹介しましょう。

@太陽暦
いわゆる「西暦」です。多くの国で公式に使われています。

A太陰暦
アラブ諸国で採用されている「イスラム暦」が、月の満ち欠けによって月を定める「太陰暦」です。1年の長さは約354日ですから、気がつくと1月が夏になっていることもあります。しかし、イスラム暦を採用しているアラブ諸国の多くは熱帯から乾燥帯に属しており、季節と暦にはそんなに関係ありません。なお、イスラム暦元年は「ヒジュラ(聖遷)」のあった西暦622年7月16日に始まり、その後太陰暦で進行していますので、現在の西暦の年月日とは全く異なります。

B太陰太陽暦
 上で述べた太陰暦では、夏に1月が来たりします。農業を行うには、この暦では不便です。そこで、春分の日や秋分の日など、太陽の動きとも整合性をもたせた「太陰太陽暦」がかつて日本でも採用されていました。具体的には、「うるう月」を設けて1年を13か月にしているのです。
 この暦を公式に採用している国の有無は分かりませんが、中国や韓国での様々な伝統行事は現在でもこの太陰太陽暦によって日程が決められていますし、日本でも同様の場合が多々あります。