生徒作品紹介 その3 日本の行事を英語で説明すると?
 これは、2年生普通科の「オーラルコミュニケーションU」の授業で、 Felicity 先生に日本の行事を紹介する活動を行ったときの生徒による原稿です。 KGV13号の
トップに戻る


Karyo Weeklyの
スキットを読む


Karyo Weeklyの
作文を読む

 この活動では、次の 10 項目について、グループごとにテーマを選び、調べたことを読み上げたり、短いスキットをつくったりして発表しました。

 ・お年玉 ・節分 ・バレンタインデー ・ひな祭り ・ホワイトデー
 ・ゴールデンウィーク  ・こどもの日  ・お盆  ・敬老の日  ・お彼岸

 この活動で生徒は、日本のことなのにこれらの行事について自分たちがあまり知らないことに気づき、また自分たちが当たり前と思っていることを相手に分かるように伝えることが難しいことを感じました。
 それでは、生徒の行った説明のいくつかをお読みください。

1 お年玉

Otoshidama is New Year's gift money given to children by parents, close relatives or neighbors. Generally speaking, the sum is getting higher and higher every year. We often save this money, or we buy what we want. Now we are given the money but we will give it to young people soon.

2 節分その1

It is February the third. Setsubun originally referred to the days which precede the beginning of the four seasons in the old calendar, but now it is applied only to the day before risshun , or spring. There is a traditional ceremony called mamemaki (scattering beans) for Setsubun : people scatter roasted soy beans inside and outside the house, shouting "Oni wa soto, fuku wa uchi," which means "Devils out; fortune in," and they eat as many beans as their age.

3 節分その2(スキットにて)

A man is preparing for Setsubun, the beginning of spring.

Man: Phew, all set. Everything is ready.

Suddenly, an ogre appears.


Ogre: Roar!
Man: Gosh! What shall I do?

The man got an idea. He started baking two sardines.

Ogre: Woops, that stinks!

Then, the man threw soybeans at the ogre.


Man: Leave my house, Ogre! Happiness, come in!

Finally, the ogre runs away.