生徒作品紹介 その2 Karyo Weekly より
  KGV13号の
トップに戻る


Karyo Weeklyの
スキットを読む


日本文化・行事の
英文紹介を 読む

  これは、毎週50部限定で発行されている校内英字新聞"Karyo Weekly No.62"からの抜粋です。修学旅行での恐怖体験を英語でつづった作品です。

My trip to South Korea

 It happened on the last night of our school trip. After we ate dinner on the cabin cruiser, we came back to the Holiday Inn in Seoul . We had some free time until 10:30 , so I was talking with my friend until 10:00 . After that, I came back to my room to take a bath. I had a roommate, but she wasn't in our room. I always try to take a bath within 15 minutes, but this time I decided to take a bath for 25 minutes. I took a bath to relax. Maybe 20 minutes passed, and I thought I would wash my face at last. And then, the light in the bathroom went off suddenly. I was surprised and rushed out, naked. I was very scared, but I tried to calm myself down. When a few minutes had passed, my roommate came back to our room. After the teachers had checked on us, we tried to sleep, but we couldn't. It was past 11:00 , but we couldn't sleep, and then, Gi Gi Gi … We heard someone try to open the door of our room. We jumped out of our bed, but we couldn't hear the sound. My roommate opened the door, but no one was there.
 What happened on that last night is still a mystery.

―By Sayaka Matsuo

私の韓国修学旅行

 修学旅行の最終日の夜に起こったことです。私たちは漢江クルーズで夕食を食べた後、ホリデーインソウルに戻ってきました。 10:30 まで自由時間があったので、私は 10:00 まで友達と話をしていました。その後、お風呂に入るために自分の部屋に戻りました。ルームメートはまだ戻っていませんでした。いつもお風呂は 15 分以内ですませるのですが、この時は 25 分入ろうと決めました。リラックスしたかったのです。 20 分くらい経った後、最後に顔を洗おうと思いました。そのとき、突然お風呂の電気が消えたのです。ビックリして裸で飛び出しました。とてもこわかったのですが、気持ちを静めようと努めました。数分たって友達が部屋に戻ってきました。先生方の点呼が終わって眠ろうとしたのですが、二人とも眠れませんでした。 11 時を過ぎても眠れませんでした。そのとき、「ギギギ…」。誰かが部屋を開けようとする音が聞こえました。私たちはベッドから飛び出しましたが、もう音は聞こえませんでした。ルームメートはドアを開けましたが、誰もいませんでした。
  この夜何が起こったのかはまだ謎です。