Some Tips
  元に戻る

 Beth先生は、日本で数年間英語を教えてこられました。その経験から、みなさんにいくつかの英語学習に対するアドバイスをしてくださいました。読んでみましょう。

 As I have said before to students at Karyo, my time with you has been much too short! I feel that I’ve only begun to know many of you, and now I have to leave. I hope I have helped you a little bit in your efforts to learn English, and understand people from other countries. You have certainly helped me to better understand Japanese high school students. Perhaps from knowing you I can be a better teacher in the future. Thank you!
 In this letter I’d like to offer you a little advice that I hope you can use. First of all, try to keep learning in some way all your life. Learning keeps your mind flexible and your heart open so that you can enjoy the good experiences, and carry on through the bad, that life will bring you. I really believe in this since I’m returning to America in order to go to university. Yes, I’m 44 years old, and I’m going to university again. Anything is possible!
 Secondly, I hope you’ll look for many opportunities to learn English, and use the English you already know. I have several Japanese friends who say they hated English in school, but now they love it and use it not only in traveling, but also to make friends here in Japan. They wish that they had tried harder during their school days. Don’t be one of those people!
 Finally, some of you have said that you’re embarrassed to use your English because you don’t sound like a native speaker. I’d like to share with you some interesting facts I recently read in the Daily Yomiuri newspaper:

1. There are more fluent non-native speakers of English than native speakers of English!
2. Most English conversations are between non-native speakers of English!
3. There are more non-native users of English in Asia than there are native English speakers all over the world!

  In short, standards of pronunciation cannot and do not belong to North America or Britain. Many people all over the world speak English in many different ways. There is nothing to feel ashamed about if you speak with a Japanese accent, so get out there and use your English!
 All the best, now and always, Beth

 華陵の生徒のみなさんには以前言ったことがありますが、私のみなさんとの時間は短すぎました!みなさんの多くと知り合いになり始めたばかりだったのに、もう離れなければなりません。みなさんが英語や他国から来た人について学ぶのに少しでも助けになれていたらいいです。みなさんは私が日本の高校生を理解するのを助けてくれました。おそらくみなさんと知り合えたことで私は将来よりよい先生になれると思います。ありがとう。
 この手紙で私はみなさんに役立つちょっとしたアドバイスを送ろうと思います。まず、何でもいいから一生を通じて学び続けようとしてください。学ぶことで心が柔軟になり、心が広くなって人生がみなさんにもたらすよい経験を楽しみ、悪いことも克服できるようになります。私がアメリカに帰るのは大学に行くためなので、このことを信じています。そう、私は44才で大学に再入学するのです。何事も可能です!
 第2に、英語を学ぶたくさんの機会を探し、知っている英語を使ってください。学校で英語が大嫌いだったという日本人の友人が結構いますが、今彼らは英語が好きで旅行のみならず、ここ日本で友人を作るのにも使っています。彼らは学生時代にもっと勉強しておけばよかったと言います。そうならないようにしてくださいね!
 最後に、みなさんの中でネイティブ(英語を母語とする人)のように発音できないから英語を使うのが恥ずかしいという人もいますので、最近デイリーヨミウリで私が読んだ興味深い事実をみなさんと共有しようと思います。

1. 流ちょうに英語を話す人の数は、ネイティブでない人の方がネイティブより多い!
2. ほとんどの英会話はネイティブでない人同士で行われている!
3. アジアのネイティブでない英語話者は、全世界の英語ネイティブよりも多い!

 つまり、英語発音の標準は、北アメリカやイギリスのものではあり得ないし、またそうではないのです。世界中の多くの人が英語を多くの異なった方法で話しているのです。日本語訛りで話すかどうかを恥ずかしいと感じることはありません。だからそこを飛び出して自分の英語を使いましょう!
 それでは。