アメリカの高校生携帯事情
  元に戻る
Karyo Global Viewに戻る

  ちなみに外国ではどうなのでしょう。 ALT の Beth 先生に、ちょっと調べていただきました。アメリカの高校生の携帯電話事情とは?


A summary of some recent news articles about American high school students and camera phones

 Camera phones appeared on the market in early 2001, but their popularity boomed first in Asia. Phone sales in the United States have lagged behind Asia, where techno-gadgets are now found almost everywhere and reports of misuse first started to surface
  At a typical high school 44 percent, or 178 students, say they own cell phones. Thirty-seven of those students own camera phones.

Picture Phones: A Headache for Teachers

 Cheating by students using picture phones is one of the biggest concern among school administrators, according to Star Tribune. Apple Valley School is one of many Minnesota-area schools that ask students to keep cell phones in cars, lockers or backpacks -- anywhere but in class.
  Other concerns such as privacy also come to the fore: At the school, a student used the latest pocket technology to photograph graffiti in a rest room. At Minnetonka High School, administrators are concerned with students secretly taking photos of other students.
  "It's another headache for teachers who have students who are inattentive in class," said Mounds View Principal Julie Wikelius. "These [camera] phones certainly have the potential for disruptive behavior."

アメリカの高校生とカメラ付き携帯に関する最近の新聞記事のまとめ

 カメラ付き携帯は、2001年初等に市場に現れたが、最初にアジアで人気が出た。携帯電話の売り上げはアジアから遅れているが、アジアでは電子製品がほとんどどこででも見られ、悪用が最初に表面化しはじめたのだ。
  (アメリカの)典型的な高校では、44%(178人)の生徒が携帯電話を持っていると言っている。そのうち37%がカメラ付き携帯を持っている。

カメラ付き携帯:先生の頭痛の種

 スター・トリビューン誌によると、写真の撮れる携帯を使った生徒のカンニングが学校設置者(注:教育委員会のような機関)の間で最大の心配事になっている。アップルバレー高校は、生徒に携帯電話を車、ロッカー、背負いカバンなど、どこでもいいから教室外に置いておくように求めている多くのミネソタ地域の学校の一つだ。
  プライバシーのような別の心配事も表面化している。前述の高校では、ある生徒が最新の小型化技術の粋を使ってトイレの落書きを撮影した。ミネトンカ高校では、隠れて他の生徒の写真を撮る生徒のことを学校設置者が心配している。
  「クラスに怠惰な生徒を抱える先生方には新たな頭痛の種です」とマウンズビュー高校の校長ジュリー・ウィケリウスは語る。「これら(カメラ付き)電話は確かに問題行動へとつながる潜在的可能性を秘めています。」