SELHi@華陵高校

国際理解教育


海外ホームステイ研修:生徒の感想


  ホームステイ後に参加者の書いた感想の一部を以下に挙げます。ステイ先の家庭によっても文化の異なる「他文化国家」のオーストラリアで、参加者がどのように成長したのかが読み取れると思います。
・このホームステイを通して自分が成長したと感じるのは、生きる力だ。知らない人の家で共同生活することで、生活には家族の協力が必要なんだと気づくことができた。
・今回の研修で、自分の英語力のなさを痛感した。初めの頃は、全く会話ができなくてゆっくり言ってもらってようやく理解するという感じだった。分からない単語がたくさんあり、単語力をつけなければと思った。2週間目くらいには、冗談も言えるくらいになれたので、自分でもびっくりした。
・このホームステイ研修を体験してみて、まずオーストラリアと日本の文化や習慣の違いにびっくりした。自分の部屋のドアはいつも開けておくこと、トイレのドアは誰も使っていないときはいつも開けておくことなどだ。習慣の違い以外にびっくりしたことは家族に対しての愛情が深いことだ。少しの間でも家族の中に入れたことがとても嬉しかった。しかし、自分の英語力のなさを思い知らされた。もっと英語を勉強して、またオーストラリアを訪れたい。
・3週間家族と離れて異国の地へ行くことはとても不安だった。しかし、ホストファミリーは初日にその不安を吹き飛ばしてくれた。一緒に街を歩き、バスに乗り、おかげで安心でき、積極的になれた。毎日が楽しくて仕方なかった。ホストファミリーと別れるときは悲しかったけど、「また戻っておいで」と言われたから、泣くことはなかった。今度逢うときはもっと上手な英語を話したいと思った。