SELHi@華陵高校

英語教育

特別授業:2年生第3回

  第3回目は、今年度2年生のディベート演習の総まとめとして、まずクラス予選を勝ち抜いた2グループによる「人は常に本当のことを言うべきである」という命題のディベートが行われました。これまで受けた指導を活かし、要点を整理し、具体的な事例を挙げ、「確かにそのとおりだが、それでも」のような相手の立論や反論を即興で取り込んで自説を補強するなど、かなりレベルの高いディベートを行うことができました。
 続いてクラスで優勝したチームと、梅地教諭・Thomas Rogers外国語指導助手・中野先生のチームがディベートで対戦し、19対16の3票差で先生チームが辛勝しましたが、最後に中野先生にもお褒めの言葉をいただき、大成功の授業でした。

フレーム結論を述べる  フレーム対策を考えるTom先生